料金の安いプロパンガス会社への変更が、ガス代節約の一番の近道です

戦略のひとつは、LPガス業者の小まめな切り替え

プロパンガスに適正価格はあるのか?」でも話しましたが、
目安として適正価格を提示することはあっても、
プロパンガスをいくらからいくらの価格帯で販売すること、
のようなルールはないわけです。自由料金ですから。

 

なので、LPガス供給会社ごとに、好きに価格設定して良いことになっていますし、
実際問題としても、ガス屋さんが自由に値段をつけるのですから、
高い使用料金を支払っている人もいれば、安く済んでいる人もいます。

 

そんなの不公平じゃないか!と思うかもしれませんが、
現状でプロパンガス業界全体がそのような構図になっている以上、
そこに文句を言っても仕方がありません。

 

すると、賢い消費者が取るべき選択は、
常にプロパンガス料金を監視し、高くなったら安いガス会社に切替えること、です。
ガス会社が自由に値段を決められるということは、
消費者が自由にガス屋さんを選べることの裏返しでもありますから、
料金やサービスに不満があるのであれば、納得いく業者に変更してしまえばいいのです。