料金の安いプロパンガス会社への変更が、ガス代節約の一番の近道です

中古住宅を購入時の給湯器は誰のもの?

家とガスは切っても切り離せないものです。
都市部であればガスを使うにあたっても「都市ガス」か「プロパンガス」か選択の余地がありますが、
田舎ですとそうもいかず、LPガスしか使えないことも少なくありません。

 

もちろんLPガスであろうとも優良なガス屋さんと契約できれば、
それはそれで全然問題ないのですが、設備面の問題でガス会社に縛りがある場合があるのです。
これは建売であるとか中古住宅などにも多いです。

 

中古住宅は不動産屋が買い取って、自社で手直しをしたり、関連する工務店などにリフォーム工事をしてもらって、
そこから再販をかける場合が多いと思いますが、その際にガス会社に給湯設備を入れてもらうことがあります。
家を購入する側からすれば、買ったら全部自分のもの、と考えると思いますが、
この場合の給湯器は残念ながら自分のものではなく、ガス屋さんから借りているもの、になってしまいます。

 

なんかおかしいですよね。
結果として自分で家を購入したのに、その家で使うガス会社を選べないという状況です。
だいたい15年契約とかになっていて、もしガス会社を切替えるのであれば給湯器代20万円をお支払いくださいと。
そんな契約になってます。

 

不動産屋さんがガス屋さんに料金を支払って給湯器を入れてもらい、
その分を考慮した値段で住宅を販売する、これが本来の筋ではないかと思うのです。