料金の安いプロパンガス会社への変更が、ガス代節約の一番の近道です

一人暮らしを始めてプロパンガスの高さにビックリ

この時期に多いのは 「 一人暮らしはじめました 」 というパターンです。
これまでは親元に住んでいたけれど、社会人になったので一人暮らしすることになった。
アパートを借りての新生活が始まったところ、プロパンガスの請求額にビックリ・・・
というケースです。

 

これは「LPガス料金のシワ寄せはアパートの入居者に」でも話しましたが、
どうしようもないケースが多いです。
なぜならガス会社を選択する権利は大家さんが持っているからですね。

 

 

ですので集合住宅の場合では、まず大家さんに相談するというのがセオリーです。
大家さんだって入居者のことを考えていないわけではないでしょうが、
いろいろと事情があるのも事実。

 

たとえば今のLPガス供給事業者に給湯器などの設備を導入してもらっている場合あがります。
そうするとオーナーとガス会社は協力関係にあることになりますし、
「15年」などの契約がありますので、その間はガス会社を変更できないのです。

 

もちろんガス会社だってタダで設備をプレゼントするほどお人よしではありませんから、
きっちりとその代金の回収にかかります。もうお分かりと思いますが、
アパートの入居者ひとりひとりのガス料金から回収しているのです。