料金の安いプロパンガス会社への変更が、ガス代節約の一番の近道です

LPガス料金のシワ寄せはアパートの入居者に

プロパンガスは自由料金ですから、ガス供給会社が自由に価格を設定していい。
だから消費者もガス屋さんを自由に選んでいい。
ということになっています。

 

しかしこれに当てはまらない例外があります。
それはアパートやマンションなどに住んでいる場合です。

 

 

アパートには大家さんがいて、店子となる入居者がいます。
本来の筋からいえば、入居者ひとり一人、一戸一戸がガス会社を好きに選んでいいはずです。
しかし現実はそうはなっていません。

 

ひとつのアパートに対して、契約しているガス会社はひとつなのです。
そして入居者にLPガス会社を選ぶ権利はなく、
大家さんとガス屋さんによって決められてしまうのです。

 

 

入居者が 「 ガス代が高い 」 と叫んだところで、ガス屋さんは何ともありません。
極端にいえば大家さんとさえ良好な関係が築けていたらいいのです。
自由価格のプロパンガスにあって、ガス屋さんが好きに値段をつけてくるのに、
店子である入居者はガス会社を変更できない、これは大きな 「 ひずみ 」 でしょう。

 

このために高額なガス代に苦しめられているアパート入居者も少なくないのですが、
ガス会社選択の権限がオーナーにある以上、まずは大家さんに相談するのが筋といえそうですね。