料金の安いプロパンガス会社への変更が、ガス代節約の一番の近道です

プロパンガスに適正価格はあるのか?

LPガスが自由料金の商品だという話は既にしましたが、
それぞれのプロパンガス供給業者が自由な値段で販売して良いのですから、
適正価格 という基準自体、本来は存在しません。

 

「 立米あたり何円から何円の範囲内で販売すること。 」
というようなルールはないのです。

 

ですからプロパンガスに適正価格はないのですが、公共料金である都市ガスの熱量と比較したり、
また、このくらいの値段で販売されていれば良心的ですよね、
という感覚的なところで、適正価格が表示されることはあります。

 

 

すべてのプロパンガス会社が良心的な価格でサービスを提供していればいいのですが、
現実問題としてはそうなっていないことが少なくありません。
つまり高いガス代を支払っている消費者もたくさんいるということです。

 

一戸建ての場合であれば、ガス会社を変更するのもさほど難しくありませんから、
もし料金設定が高ければガス屋を切替えればいいのですが、
思い通りに対応できないのがアパートなどの集合住宅です。

 

プロパンガス業界の歪というか、料金のシワ寄せを、
集合住宅の入居者たちが受けているという表現もできるでしょう。